最高裁知財法廷設立
Release time:2019-03-11


2019年1月1日に、最高裁知財法廷が設立され、該法廷は同日より動き始め、案件を受理するようになった。

同法廷は、2018年10月に可決された『特許など知財案件訴訟手続きの若干問題に関する全國人民大會常務委員會決定』(中國語:《全國人民代表大會常務委員會關于專利等知識產權案件訴訟程序若干問題的決定》)、及び最高裁の『知財法廷若干問題に関する規定』(中國語:《關于知識產權法庭若干問題的規定》)により設立された法廷であって、全國範囲內の特許など専門技術系の知財案件の控訴審を管轄する。言い換えると、特許、実用新案、植物新品種育成、集積回路配置、技術ノーハウ、コンピューターソフトウェア、獨占など紛爭の第一審の判決や裁定について、従來は一審裁判所の一つ上の上級裁判所の管轄であったが、2019年1月以降はすべて最高裁知財法廷の管轄になった。控訴審の集中管轄により、知財案件の裁判基準を段々統一させていくことが期待されている。

黄瓜视频app下载地址_黄瓜视频app下载最新_黄瓜视频app下载网址_黄瓜视频app安卓版